製品のご紹介

外反母趾専用靴 外反母趾は幅広の靴という方


「私は外反母趾だからゆったりした幅広靴を履いているんです」「靴屋さんでも、4E(幅広靴)を勧められました」
このような話を本当によく聞きます。外反母趾が痛いと言われる方ほぼ全員と言ってもいいくらいです。

靴に足が当たらないことで、問題が解決するのでしょうか?
 さまざまな女性の足を見てきた私の経験上、むしろ悪化することのほうが多いです。

横幅の広い靴を選ぶことで、足はどんどん横に広がっていきます 開張足です。

扇状に広がった足は、指が内側に曲がって、外反母趾や内反小趾(小指側が内側に曲がる状態)を引き起こします。

これでは、 足の痛みは治りません。まずは、小さすぎず、大きすぎない靴を選ぶことが大切です。

自分の足にぴったり合う靴を選ぶには、正しい足長だけでなく 足囲(幅)も測り、縦も横も合わせていく必要があります。

靴を買うときも自分の感覚で選ばず、「足の実寸を数値で知ること」で、足のトラブルに繋がる靴選びを卒業しましょう。

大和ブレイスではその方の足の大きさを測り、形、特徴を調べてその方に合った靴、中敷きを作ります。

大きい靴を履いてて痛みがないからいいやと済ませるのではなく、それ以上酷くしないためにも自分に合った靴選びをしましょう

この写真の靴は、外反母趾専用につくられています。

足の付け根の部分がストレッチ素材になっていて、当たっても痛くなりにくくなっています。

中には外反母趾を矯正する中敷きを入れています。

この靴はひもで結ぶタイプですが、脱ぎ履きしやすいマジックベルトタイプもあります。

カテゴリー:新着情報, 足底装具(中敷)   / 投稿:2017/10/18